脱毛器 VIO

vio脱毛器

脱毛器VIO【家庭用効果抜群】おすすめランキング・コスト比較も実施!

女性にとって無駄毛の処理は永遠のテーマですよね。
特にVIOラインなどのデリケートゾーンの脱毛には気を使います。
VIOラインの脱毛でサロンに行くのは少し恥ずかしいから、まずは自宅で試してみたいと考えている人も多いのではないでしょうか。

 

VIO脱毛器と言っても、専用の機械があるわけではなく、全身に使用できる家庭用の脱毛器をVIOの脱毛にも使用します。
VIOライン特にデリケートなので、痛みがあると、かなり脱毛するのに勇気がいりますよね。

 

やはりおすすめのVIO脱毛器として人気なのが、家庭用の光脱毛器です。
光脱毛は痛みを伴わないで脱毛できるので、全身はもちろん、VIOラインには最適な脱毛器です。

 

メーカーによっては、VIOラインの脱毛には使用不可となっているものもある中、ラヴィはメーカーでも、VIOラインの脱毛に使用可能となっています。
VIO脱毛器の中でも人気の種類ですが、その効果は肌への刺激が優しくなっている分、全て完了するまでに半年ほどかかるようです。

 

他の脱毛器よりも、少し時間がかかりますが、あまり刺激があると、VIOラインなどのデリケートゾーンはトラブルになったとき怖いので、効果が緩やかでも、安心して使用できる事がラヴィの良い点ですね。

 

↓↓ラ・ヴィの詳細は公式サイトを御覧ください↓↓

 

サロンよりも自宅が人気!VIO脱毛器でお手入れするときの注意点

むだ毛の処理はホントに手間ですよね。特に夏が近づいてくると、気になりだすテーマでもあります。

 

夏になると、特に気を使うのが、水着になった時のVラインです。いわゆるデリケートゾーンの脱毛ですが、最近では、Vラインだけでなく、OラインやIラインの脱毛を行う人も増えています。
脱毛と聞くと、エステサロンを思い浮かべる人も多いと思いますが、最近では家庭用の脱毛器が沢山販売されています。
サロンに通うのは大変だしお金もかかる、でもきれいに脱毛したいと考えている人は家庭用の脱毛器を購入する人も多いようです。

 

特にVIOラインの脱毛を行うのに、サロンなどを利用する人もいますが、最近はVIO脱毛器などを利用して、自宅で行うのも人気があります。
VIOラインの脱毛は、サロンだとちょっと恥ずかしいという人もいます。VIO脱毛器を使って自宅でお手入れすると、人の目を気にしないで済むという点が人気の秘密です。
自宅で行うVIOラインの脱毛は、デリケートゾーンなので、かなり注意して行う事が大切です。

 

特にOラインなどは、自分でもチェックしづらいので、鏡などを利用して、ゆっくり焦らずに行うようにしましょう。
光脱毛器は、レベルの調整などをこまめにして、傷つけないように行う事が大切です。特に、粘膜などに当たるとやけどする場合があるので、十分に注意しましょう。

 

↓↓ラ・ヴィの詳細は公式サイトを御覧ください↓↓

 

失敗しない家庭用脱毛器を選びましょう

ケノン

ラヴィ

トリア

ノーノーヘアー

代表的な家庭用脱毛器は、ケノン・ラヴィ・トリア・ノーノーヘアの4種がネットで話題になっている人気機種です。

脱毛方式
この中で一番主流なのが、・ケノン・ラヴィのIPL式で、残りの二つは・トリアがレーザー式で、・ノーノーヘアが、サーミコン式でとなります。

矢印

IPL方式とは
価格で選ぶなら

価格で選ぶならば、

  • ノーノヘア(29,800円)
  • ラヴィ(49,000円)
  • トリア(49,800円)
  • ケノン(74,800円)

ノーノーヘアは、サーミコン式で、ほかの機械とは種類が違うので、安くて当然かな?と思います。そうすると、機械を見て一番いいのはトリアになると考れらます。

美顔器機能付き

美肌機能を見てみますと、

  • ケノン(あり)
  • ラヴィ(あり)
  • トリア(なし)
  • ノーノーヘア(なし)

となっており、やはりここでも、IPL式の二つが秀でています。
トリアに美顔機能がついていないのが残念です。

痛みの感覚

施術の痛みとしましては、ケノン・ラヴィが少しだけ痛いに反し、残りの二つ・トリア・ノーノーヘアは、かなり痛い。と、これを見ただけでも、前者の方をおすすめしたくなります。

デリケートゾーン対応

VIOデリケートゾーンが出来るか出来ないかを比較してみますと、できるのは・ラヴィのみでした。ラヴィが人気なのが良くわかりますね。

 

 

ランニングコスト
カートリッジ

大切な、カートリッジなどのコスト面をいいますと、価格のみをみると、

  • ラヴィ(4,200円)
  • ノーノーヘア(7,480円)
  • ケノン(7,700円)
  • トリア(19,500円)

と、圧倒的にラヴィが安く、トリアが高くなります。
しかし、これを一秒あたりで考えたところ、ノーノーヘア以外で考えて、

  • ケノン(0.20円/秒)
  • トリア(0.21円/秒)
  • ラヴィ(0.22円/秒)

と、ケノンが安定して低く、その次がトリア次がラヴィと言った結果になりました。特にトリアはカートリッジ代は高いものの、一秒に換算するとほかの機会に引けを取らないということがわかります。

 

すべてを見てみたときに、一番安定して、上位に入っているのが・ラヴィ、次が・ケノンとなりました。
痛みで言っても、方式で言っても、安全なのがIPL方で、コスト的にも、この二つがよいと思わます。

 

スマホからの閲覧は横にして見ていただくと小さな文字でも読みやすいです。

脱毛器ラヴィ

脱毛器ラヴィ

脱毛器ラヴィ

脱毛器ラヴィ

 

↓↓ラ・ヴィの詳細は公式サイトを御覧ください↓↓

 

ラヴィの特徴

ラヴィは、全身脱毛を考える人に、お金と時間の節約を提案する、まさに女性の味方とも言えるIPL光脱毛器です。

 

その特徴は4つあります。

 

サロンと同レベル
サロンと同レベルのハイパワーなのに、お肌に優しいということです。

ラヴィは78ジュールの高い照射パワーを誇り、家庭用脱毛器のトップクラスです。また、ワイドなクアドラプルショット(4連射)を採用しているため、スピーディーで経済的です。また、ストレスを感じさせないのでお肌にも優しいです。

 

照射面積が広い
、照射面積が広いから、楽に脱毛できるということです。IPL方式のラヴィは、光の照射面積がスピードと効率を左右します。ラヴィの照射口面積は30mm×20mmとワイドなため、よりスピーディー、より効率的にできます。

 

お家で手軽にエステ級の脱毛
お家で手軽にエステ級の脱毛ができるということです。レーザー方式のような痛みもなく、しかもサロンでは恥ずかしいVゾーンもIゾーンも自分で処理できます。もちろん、予約も不要です。

 

経済的
最後の特徴は、とても経済的だということです。カートリッジ寿命は2万ショットで価格は4,000円なので、1照射当たりの金額はわずか0.21円しかかかりません。ワイドな照射面積設計と併せて、一度の照射回数も少なくて済むためとても経済的です。

 

↓↓ラ・ヴィの詳細は公式サイトを御覧ください↓↓

 

★ラヴィについてもっと見る→こちら

 

家庭用脱毛器の種類とその特徴

ケノン

今一番主流で、人気があるのが、エムロックが発売の「ケノン」これはよく耳にしますよね。
この機械は、普通の箇所と、眉毛には使用できますが、Iライン、Oラインは使用不可、フラッシュ式で痛くないし大きなカートリッジが魅力、美顔器昨日もついていて嬉しいですね。
98,000円と高いですが、どこも割り引いて売られているので、よく調べてから購入したほうがいいです。
★ケノンについてもっと見る→こちら

 

センスエピ

ホームスキノベーションズが発売している「センスエピ」これは、Iライン、Oライン、眉毛使用不可。
フラッシュ式の痛みをほとんど感じない照射免責が家庭用では大きい方で、その他の昨日は無しです。
価格は39,800円と比較的控えめが嬉しいです。

 

モーバプロ

バスクリエイト発売の「モーバプロ」これは、目の周りは使えないけれど、ほかの機械では使えない、Iライン・Oラインに使用可能で嬉しい商品。
フラッシュ方式で痛みをほとんど感じることなく、照射面積も大きい方。
さらに、美顔器機能と光ボディの機能がついていて満足度が高い商品です。
値段は98,000とお高い。そんなに有名ではないので。
割引もそこそこ。ただ、結果を出したいのなら、お金を払っても損はないと思います。

 

イッティ

エスピルから発売の「イッティ」これは、普通の脱毛箇所しか脱毛できない、ちょっと残念な脱毛器、フラシュ式であまり痛みを感じない程度。
照射面積は大きいもののその他の機能は無し。価格は一番高くて、99,800円。これには納得がいかない人も多いかと・・・。

 

トリアプラス

トリアビューティから発売の「トリアプラス」これ以下は、全て普通の脱毛範囲以外脱毛不可。
レーザー式で痛みを感じる機械。照射面積は小さく、ボディが重いため苦労するそうです。
値段は59,850円とやや高め。これがいいか悪いかは個人で変わってくるでしょう。

 

ノーノヘアスマート

ヤーマンから発売。この「ノーノヘアスマート」はサーミココン式であまり痛くなく、シェーバーのようにスライドさせて使用する機械です。
消耗品がたくさんあることがネックですが、価格が29,800円と、割とお得です。
★ノーノーヘアについてもっと見る→こちら

 

ノーノヘアフォーメン

上記と同じただ、価格が違います。価格39,800円。
「ソイエ」
パナソニック発売の「ソイエ」、これもよく耳にしますね。これは回転ディスク式で、シェーバーの様にスライドさせて使います。毛を引き抜くので少し痛いです。これはオープン価格です。

 

↓↓ラ・ヴィの詳細は公式サイトを御覧ください↓↓

 

ケノンとラヴィの比較

ケノンとラヴィの仕様書から、脱毛に関わる重要な項目を比較してみたいと思います。

ジュール数と連射機能

まず、脱毛方式は両方とも光脱毛ですが、ジュール数と連射機能に差が生じます。
ジュール数とは脱毛器のパワーを示す数字で、ラヴィの78ジュールという数字は業務用脱毛器と同じパワーです。一方、ケノンのジュール数は未公表です。

連射機能

連射機能とは何回連続してフラッシュできるかですが、ケノンは最大6連射、ラヴィは最大4連射です。
ただ、6連射もすると痛みを伴いせいぜい3連射が限度なため、こちらについては差はないと考えて良いと思います。なお、照射面積の差も0.1mm×20mmしかないので、ないと考えます。

レベル調節

次に、パワーを何段階で調節できるかというレベル調節に関してですが、実際に使ってみて、ケノンの10段階でもラヴィの7段階でも大した差はありませんでした。

カートリッジ価格

カートリッジ価格には大きな差が生じます。しかし、最大使用可能回数で割ると、1照射当たりケノンは0.15円、ラヴィは0.21円とほぼ差はありません。

本体価格

本体価格は、ケノンは79,000円なのに対し、ラヴィは49,000円とかなりリーズナブルです。安いからといって良いという訳ではないのですが、やはり安いに越したことはありません。

最後に1番注目したいのが、ラヴィにだけついてくる30日間の返品保証です。
今まで全く家庭用脱毛器を使ったことがない人にとって、この保証は非常に魅力的だと思います。

 

 

↓↓ラ・ヴィの詳細は公式サイトを御覧ください↓↓

 

【おすすめの記事】 アクセスランキング上位ページ

  • vio脱毛をやった効果(千年の恋を一瞬で終わらせたいですか?)→こちら
  • VIOライン脱毛恥ずかしい→こちら
  • 家庭用脱毛器VIO→こちら
  • セルフ脱毛はやっぱりプロとは違うけどコスパが良いから→こちら
  • IPL光脱毛とは→こちら
  • Vラインの脱毛をする前に注意する事→こちら

【価格と性能を比較して選べる!】人気の家庭用脱毛器 一覧

最高級品からお手軽に購入出来る商品までご紹介→こちら

脱毛器 VIO

VIO脱毛器の関連記事

ムダ毛処理には家庭用vio脱毛器が良い理由
vio脱毛器を選ぶための4つのポイント
脱毛器でvioのムダ毛処理 痛みとケアについて
安心vioのムダ毛処理ができるのは人気のツーピーエス
家庭用脱毛器のメリット vio部位だけではない?

 

vio脱毛器

 

 

ムダ毛処理には家庭用vio脱毛器が良い理由

 

ムダ毛処理はどうしていますか?
夏が近づくと、そろそろキレイにしなきゃと思うけれど、脱毛サロンでの施術?
それはイヤという方と近所に通えるサロンがない方もいます。
予算だけではなく、物理的に脱毛サロンはできる人とできない人がいることでしょう。
そこで、誰もが共通してキレイにムダ毛処理ができるのが、家庭用脱毛器です。

 

誰にも気づかれずできる

そもそもムダ毛の自己処理は正しくやらなくちゃダメと言われています。
一般的なカミソリなどは肌を傷めると言うし、毛抜きでのムダ毛処理はNGです。
そこで正しいムダ毛処理の王道は脱毛器であり、その効果はサロンと遜色がないと言います。
VIO脱毛というと、デリケートゾーンです。
本来なら他人にはしてもらいたくない部位ですから、自己処理できちんとキレイにできれば、全て解決です。
アンダーヘアで、Vラインはまだ良いですがIOラインに関しては、危険なムダ毛処理ではなく、家庭用脱毛器でのVIO脱毛が理想ではないでしょうか?

 

種類が多い脱毛器、どれが良いの?

まず脱毛器の多くは全身脱毛を目的としています。
VIOに関しては、適用部位として対応しています。
ですから、VIO部位にも使用可能なものを選択しましょう。
最近の家庭用脱毛器は、サロン同様の光脱毛のものもありますが、毛だけを焼き尽くすタイプのものもあります。
また、デリケートゾーン、顔などの敏感部位には不利な脱毛器もあります。
最初にVIO部位の脱毛OKを確認された上で、選択をしてみましょう。
脱毛と言えば、女性ならワキの部分が多いでしょう。
もちろんワキは良いけれど、VIO部位は不向きでは難しいです。
また、家族全員が使える脱毛器で、男性のヒゲ脱毛や剛毛対応であれば、コスパが良い家庭での脱毛ができます。

 

オススメのVIO用の脱毛器は?

現在家庭用脱毛器としてトップを走るのがケノンです。
どの部位でも人気が高く、リニューアルするたびに通販サイトでも1位の売上です。
しかし、IOラインの使用は自己責任ということで、Vラインの利用はOKです。
そこで、最近ではVIO部位が安心して利用可能なツーピーエスが注目されています。
脱毛器ではVIOができることを前提に、本体価格と照射条件がポイントになります。
照射面積、照射回数、照射レベルなどを勘案した上で、この3つの家庭用脱毛器が今人気となっています。
カートリッジタイプのものでは、本体だけの価格では決められない。
その上、ランニングコストなどもきちんと計算してみて。
脱毛器の比較は、脱毛サロンよりはずっと安いです。
これだけは、どの脱毛器でも◎です。

 

vio脱毛器

 

 

 

vio脱毛器を選ぶための4つのポイント

 

ムダ毛処理で厄介なのがvioではないでしょうか?
脱毛サロンではなく、家庭用脱毛器を選ぶときには、4つのポイントがあります。

 

アンダーヘア対応していること

家庭用脱毛器の中には、vioに適していないものもあります。
Vラインだけは、どんな家庭用脱毛器でもできることが多いです。
しかし、iラインに関しては、粘膜近くで敏感な部位ではあり使用禁止担っているものが多いです。
そして、oラインもほぼiラインと同じ扱いですが、ioラインに関しては、施術を行う自分もきちんと範囲を知ることが必要です。
怪我なく行うことが必要でしょう。

 

vioにフィットすること

イメージとしては、照射面積の話しになります。
どういうことかと言うと、腕や足の脱毛と指の脱毛では、照射部分が違うことがわかります。
これと同じで、Vラインは広いですが、ioラインは面積が変わります。
これは、それぞれの部位によって照射面積部分が変えられる機能が必要です。
広い面積を強調する脱毛器は多いですが、狭い部位の脱毛ができることがvio脱毛のメリットです。
カートリッジタイプで大小変えられることが必要です。
案外とここのポイントは盲点です。

 

照射回数が多いこと

家庭用脱毛器では、照射回数でもポイントです。単純に多ければ多いほど良いです。
VIO部位の照射では、太く毛量が多いことから、回数が多いほど効果が出ます。
そこで、1分間の◯発という数字がどうしても気にすることが必要です。
照射回数が多いことで、多少高いかな?ことがあったとしても、コスパ的には、この方が良いことが多いです。
ちなみに、上手に家庭用脱毛器を使ったとして、約6ヶ月程度が最短だと言います。
照射レベルが高いと痛みがあったり、肌を傷めるためちょうど良いレベルでの回数が多い方がベターです。

 

全体的にコスパが良いこと

最初に目が行くのは、価格です。
人気のケノンでは本体が定価が70,000円程度です。
カートリッジタイプで種類が多いです。
現在、デリケートゾーンの利用で、VIO部位すべてOKとされているのは、ツーピーエス、エピナード、ヒカリエピです。人気のケノンやトリアでは、ioラインの利用は推奨されていないです。
これは、トラブルが起きたとしても自己責任ということです。
本体価格が安くてもカートリッジタイプが高い。
上記の照射回数が少ないと、カートリッジをたくさん買わなくてはならないなどのコスパは大切なことです。
ある程度の回数が必要な家庭用脱毛器ですから、コスパは確認しなければならないです。

 

vio脱毛器

 

 

脱毛器でvioのムダ毛処理 痛みとケアについて

脱毛器を利用する上での痛みについて考えてみましょう。
脱毛サロンの口コミでは、よく言われるのが医療レーザー脱毛よりは痛くない、輪ゴムで弾かれたパチッとした痛みとあります。
脱毛サロンのホームページでも痛みが少ないと表現されることが多いです。

 

家庭用脱毛器については?

痛みの違いは、レーザーの強さにあります。
照射レベルですが、医療脱毛器、光脱毛器、家庭用脱毛器の順番になります。
家庭用の脱毛器の照射レベルが低いことになりますので、痛みに関しては、家庭用が痛くないと言えます。
ただし、vio部位では、敏感な部位であり、ioラインでは普段から痛みなどに対応していない部分でしょう。
ビキニラインなら想像が付くと思われるのですが、ioラインの痛みは予想外という口コミが多いでしょう。

 

意外な痛みの原因

家庭用脱毛器の光では黒いモノに対応します。
これは毛に対するものですが、VIO部位に黒ずみがあれば、余計な痛みを感じることになります。
これは敏感だからではなく、単に黒ずみがあるからです。
気が付かないほくろに対してビックリしたという方もいます。
また、粘膜には絶対に光をあてないようにしましょう。
Iラインに関しては、ショーツを付けて、ずらしながら少しずつ照射していくことが良いでしょう。
人気脱毛サロンの方法です。
Vラインは大した気にしなくても良いのですが、ioラインでは鏡などを使って、粘膜にはあてない、黒ずんでいる部分は慎重にという細心の注意が必要になります。
痛みはないとは言えないのは、脱毛器のせいばかりではなく、肌の色などにも関係します。
VIO部位の照射レベルは必ず最低にすること。
痛いと思いながら行うことで、思ったよりも痛くないと感じることもあります。

 

照射前後に行うこと

脱毛に関しては、肌にはどんな形でも影響がゼロではないです。
それを最低限にするためには、保湿を完ぺきに行うことです。
これは、どんな脱毛法、カミソリなどでも同様ですが、これでもか?というケアをすることです。
そこでは保湿をすること。
そして、アフターケアもしっかりとしてください。
脱毛サロンでは、このケアが抜群です。
保湿第一、美肌を目玉としているところもありますが、自宅でのケアも保湿をしましょう。
デリケートゾーン専用のクリームなどもあります。
こちらは黒ずみ防止や改善もできますので、脱毛を始めた肌にも最適でしょう。
そして、できるだけ刺激の少ない素材で作られた下着を身につけるのも、脱毛後の肌には優しいです。
ここまでのケアをすることで、家庭用脱毛器使用後の肌は脱毛サロン並の出来栄えになります。
決してオーバーなことではないです。

 

vio脱毛器

 

 

安心vioのムダ毛処理ができるのは人気のツーピーエス

家庭用脱毛器を選ぶ際に、ポイントにしたい部分がいろいろとあります。コスパなども大切になります。
VIO部位と言えば、人気のツーピーエスですが、これはVIOが推奨しているからです。

 

vioすべてができる

カートリッジの種類が多く、最初からVIO部位に適した内容になっています。
これは、Vラインができる家庭用脱毛器ばかりなのですが、ioラインにできるとされているのは、その照射レベルにあります。
フラッシュ式のツーピーエスは、脱毛サロンなどと同じ光脱毛の一種です。
そこで、ioラインがサロン同様で可能なのは、調整がうまくできるからです。
他の脱毛器にはないデリケートな調節がツーピーエスのメリットです。
VIO部位の使用可能と言う家庭用脱毛器はあまりないです。

 

経験者しかわからないこのメリット

プローブが扱いやすいことです。
プローブとは持ち手の部分ですが、ここのフィット感が良いのです。
意外なことですが、この扱いがイマイチだととても疲れます。
多分VIO部位の脱毛のときには、体形のいろいろで工夫しながらやらなくてはならないです。
その時に、扱いにくいと脱毛効果にも影響が出ます。
VIO部位以外の部位でも持ち手や重さなどが、とても重要です。
これは口コミでしかわからないことであり、ツーピーエスではプローブについては、きちんと考えられた形になっています。
脱毛操作がしやすいというだけでもツーピーエスの価値は大きいです。

 

そんなツーピーエスの悪い口コミも教えちゃいます

すべてが良いとうわけではなく、口コミからはここはちょっとということも聞こえています。
それが、チャージが3分間と長いということです。
少しチャージが長いとされています。
最初からわかっていれば、ゆっくりと時間をかけて行う事ができます。
連射機能がないので、照射して待ちが続きます。
ちょっとデメリットかな?

 

付属のサングラスはしなくちゃダメ?

イマイチ性能が良くないツーピーエスのサングラスです。
これはしなくてはならないもので、目を守るためのものです。
見えづらいとの口コミも多いですが、気になるところです。
ここは仕方ないことであり、できれば改善したいという要望が多いです。

 

実は高い?

ツーピーエスはその高い性能から、ロングセラーのケノンと比較されることが多いです。
ケノンはvio部位の推奨はされていないので、この時点での比較はできないのですが、コスパなどでは2倍も違うと口コミがありました。
ですから、ケノンでVIO部位の脱毛をしている方もいます。
これは、自己責任上の行動ですが、連射あり、コスパよしではケノンが上です。
しかし、安全性を考えるのなら、VIO部位の脱毛をするのならツーピーエスがオススメなのですが。

 

vio脱毛器

 

 

家庭用脱毛器のメリット vio部位だけではない?

家庭用脱毛器のメリットは、コスパと自由に脱毛ができることでしょう。
現在の機能では、IPL脱毛では脱毛サロンなどと同じ。
性能は低いのですが、脱毛効果は光を当てるだけで、ムダ毛処理をすることができます。
脱毛サロンでは、人前で服を脱ぐことに抵抗がある方にも朗報です。

 

vio脱毛は自分で行いたい

家庭用脱毛器の中には、VIO部位対応もあります。
自分で照射をしただけでムダ毛処理と発毛を抑える事ができます。
はっきり言って、方法は脱毛サロンと同じです。
現在の家庭用脱毛器では全身脱毛ができ内容ですから、あとはioラインが対応しているかを確認するだけです。
ツーピーエスやラヴィはVIO部位ができますが、人気のケノンやトリアはVラインだけしかできない事になっています。
ここで、ケノンは人気だから使いたい方にとっては、この事実は驚愕かもしれないですが。

 

VIO処理の正しい方法

VIO部位の脱毛では、Vラインは未だにカミソリを使っている方も多いことでしょう。
見た目でジョリジョリできるのですが、ioラインはどうしてます?
ここが問題です。
IOラインはどうしてもカミソリではなく、脱毛器でそーっと行うしか方法はないでしょう。
カミソリは肌を傷めるだけではなく、あまりにも危険すぎる部位です。
もともとどの部位もカミソリは肌トラブルの原因になりますが、VIO部位は特にNGです。
ジョリジョリの毛が生えるだけではなく、黒ずみと乾燥の原因にもなっています。
この黒ずみは、家庭用脱毛器、脱毛サロン、クリニックの脱毛でも痛みの原因になりますので、普段からカミソリでのムダ毛処理は絶対しないことです。
ムダ毛用のカミソリもありますが、VIO部位には不適切です。
ちなみに、家庭用脱毛器の利用前には長い毛は切ることになります。
その時にシェーバーの利用がオススメです。
これは全身にも対応ができるものですから、1つあると良いです。

 

ご家庭にあると便利

ムダ毛処理では、VIO部位だけではなく、ワキ、顔などにも自由に使えます。そして、家族全員で使えるものも多く、男性のヒゲやすね毛にも対応しています。
最近は、男性の脱毛も流行り始めていて、できれば家庭でそっと行いたい方にオススメです。
男女で兼用の脱毛器であれば、コスパ的にもとても良いでしょう。
男が脱毛?それが家でできるのなら、毎日のひげそりもしなくても良いということも。
青ひげの改善と予防もできます。
カートリッジを交換することで、全身あちこち、夫婦で家族で使えます。

 

vio脱毛器


VIO脱毛器比較 VIO脱毛とは VIO脱毛痛い? 脱毛サロン探す